受験と心理の関係③

前回と同じ、自分の心を操作するテクニックを今回の記事でも紹介していきます。

ではさっそくはじめます。

・気が乗らないときは手順やスケジュールをどんどん変えてみる

どんなに集中しようと努力しても気が乗らないときというのは、誰にでもあるものです。
こんなとき、計画は計画だからと、スケジュール表にしがみついているのは考えものです。私はこんなとき、いつものスケジュールをガラッと変えてみることにしています。あなたの場合なら、復習・宿題をやってから予習をやるのが習慣だったら、この順序を逆にしてもいいし、最後にやるはずの、明日学校へもっていくものの用意を最初にしてしまうのもいいでしょう。それでもだめらな、あっさりスケジュールを変更してみるのです。もしかすると、それで新しい勉強のパターンが見つかるかもしれません。

・失敗の多い人ほど、いざというときに実力を発揮できる

ふだんはあまり成績の目立たない人が、とても不可能だと思われる難関を突破して、周囲の人たちをビックリさせることがあります。逆に、合格間違いなしと思われていた人が、受験に失敗して人々の首をかしげせたりもします。こんなときたいていは運がよかったのだとか、ツイていなかったのだとか言って、あっさり片付けてしまいがちですが、これにはちゃんとした心理学的理由があるのです。

ここ一番というときに、自分の持っている実力を十分に発揮できる人は意外に失敗の多い人です。そのため、実力はあってもふだんの成績はそれほど目立たないのです。こういう人は失敗の積み重ねで自分の情動をうまくコントロールする訓練が自然にできていますから、試験場でアガったり、とんでもないミスを犯したりせず、落ち着いて試験に臨むことができます。

この情動のコントロールする力の度合いを、心理学ではフラストレーション・トレランス(欲求不満耐性)と呼んでいますが、これはふだんの失敗や誤りなど、経験の積み重ねでつくりあげられていくものです。

ところが、いつも成績優秀で失敗の少ない人は、このトレランスが身についていないので、ささいなことで自分の感情が乱されてしまいがちです。わがままに育てられたお坊ちゃんが、うまく自分の感情をコントロールできないのはその良い例です。

「失敗は成功のもと」ということわざのとおり、ふだんの失敗はあたなを「勉強ぼっちゃん」から脱皮させ、肝心のところで実力を発揮させてくれるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です