高校受験でお勧めの勉強法とは?

高校受験で成績を上げるために勉強法を調べてる方が大変多くいると思います。
私自身も受験生の頃はそのような勉強法を調べたり、それに関する本を書店でよく買っていました。

そこで、今回は高校受験でお勧めできる勉強法について詳しく書いていこうと思います。

勉強法は星の数ほどある

見出しの通り、勉強法は星の数ほどあります。勉強法は、暗記の仕方から指定の参考書の使い方まで幅広いです。試しにネットで「高校受験 勉強法」と検索してみてください。いっぱいそれ関連のサイトが出ますから。

これほど数が多く幅広いと、どれが自分にあった勉強法か皆目検討もつきません。

その解決方法をお教えします。

まずはネットや勉強法の書籍を購入します。実際に読んで、これは使えそうだと思ったものをノートに書いてリストを作ってください。たとえば「東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法」、「脳が認める勉強法」などがおすすめの書籍になります。

後はそれを実際に試していきます。それで、自分に合っていれば取り入れて、自分オリジナルの勉強法を作っていきます。

他人の勉強法を肥料にして、自分の勉強法を育てる感じです。そうすることによっていつの間にか自分なりの勉強法ができ、成績が上がっています。

参考書は自分の学力や性格にあったものを選ぼう

勉強法の中には参考書まで指定されていることがあることは先ほど書きました。その参考書が自分に合っていればいいのですが、ほとんど合っていないのが現状です。

そこで、その勉強法の作者がなぜその参考書を勧めるのか?を考察してください。
それはネットや書籍にその参考書を薦める目的を直接書いてあるかもしれませんし、書いていないかもしれません。

たとえば、「高校入試 入試問題で覚える 一問一答 理科」を勧めていたとします。
では、なぜこの参考書を勧めるのか考えたとき、「知識の確認のため」、「文章問題対策ではないので、基礎的な内容を学ぶため」などさまざまな目的が出ます。

その目的のために参考書を指定しているのだから、同じ目的に合った参考書ならどれでも良いわけです。
この例で言えば「高校入試合格BON!理科―参考書&問題集」の参考書、「高校入試 中学3年間の総復習 理科」がそれにあたります。

その参考書の目的を見据えて、自分にあった参考書を選ぶことが重要です。

ここからは完全な余談になりますが、勉強法よりもお勧めなものがあります。
3ステップラーニングという教材になります。この教材は受験に特化した内容をDVDとCDと問題冊子を通して実際に教えてくれます。サポートが高校入試が終わるまでしてくれるので、塾や勉強法の本や教材よりは安上がりです。大変お勧めです。
3ステップラーニング 評判でご確認下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です